FC2ブログ

ARTICLE PAGE

こやしマイスター



2018年2月

ここは豊富な資源と豊かな自然に恵まれた場所メゼポルタ

人々は”ハンター”と呼ばれ、日々モンスターを狩猟し生計を立てている

一時期は自由区の各エリアが満員でどこも入れないくらいハンター人口が増えた時代もあった...

やがてGショックなどの時代を経て現在に至る

絶頂期と比較すればかなりの人口が減少したが今なお沢山のハンター達がここで暮らしている



だが今年になってモンスターハンターワールド(以下MHW)のサービスが開始され

その圧倒的なグラフィックと世界感で我々ハンター達を魅了し、多くのハンター達がMHWへ移民した

そして1ヵ月の月日が経ったある夜の事だった・・・








私はお目当ての素材を求めて奴を追っていた

そう、奴とは 「辿異種アクラ・ヴァシム 」

私は奴の生息しているエリアに入った

今度こそ仕留めてやる!!







ハッ!?







エリアに入ると前方の遠くの方で黄色い粉塵が立ち込めている!!

私はピンと来た






奴らだ!!







現在、MHFでは ”こやし玉” を投げるハンターが急増していてどこにいっても

こやし玉を投げるハンター達を見かける事ができる


しかし!!


この黄色いガスの濃度、綺麗なドーム状の噴煙、そしてこの噴煙大きさ・・・

決して素人ではマネできない芸当である







奴らが帰って来たのだ!!







我が猟団トイボックスが誇る こやしマイスター達が!!

この地にこやし玉を投げる行為を発足させたのは彼等と言っても過言ではない

私もよくクエストでこやしを投げるが、所詮はまね事に過ぎない

現在こやし界の頂点に君臨している元祖マイスター達である

mhf_20180227_234607_315.jpg

















すぐさま私もヒートブレードを着火し、現場へ向かう!!

現場に緊張が走る!!

mhf_20180227_234621_331.jpg





















細心の注意を払いながら黄色いガスの中へ突入する!!

ほとんど視界が効かない中にいる辿異ヴァシムには注意しなければならない

奴は地中に潜り、我々ハンターを地中に引きずり込む即死攻撃も多様してくる

mhf_20180227_234947_099.jpg




















さすがマイスター達である

クエストの終始、黄色い噴煙を切らさない




マイスターとは・・・ 自分の手持ちの玉数とモンスターの残り体力を常に計算し

クエストの開始から討伐まで均一にこやしを投げることにより常に黄色い状態を保つ芸当が出来る

極、限られた一部のハンターに与えられる称号である








黄色い世界は永遠と続く・・・












転倒しているヴァシムの尻尾を攻撃している時も・・・

mhf_20180228_000455_967.jpg




















自分で体の傷を蘇生をしている時も・・・

mhf_20180228_002636_685.jpg






















尻尾を切った後も・・・

mhf_20180228_001047_542.jpg





















そしてマイスター達はこやしを投げているだけではない

黄色い噴煙が立ち込める中、各々自分のアート作品を作り上げる

mhf_20180227_235206_886.jpg





















彼らにとってクエストは大きなキャンパス・・・

その広大なキャンパスに自分をどう表現すべきかを我々に訴えかけてくる

そして彼らマイスター達の特徴として、そのアート作品を作っている姿を決して我々に見せない

黄色い高濃度ガスの霧が晴れるといつの間にかアート作品がそこにある

と言った感じである

まさに芸術である

mhf_20180227_235548_735.jpg



















そしてマイスターたちは常に残数を告知してくる

無題

無題1



















黄色が終われば、即座に白に切り替えてくる

とにかく弾幕を切らすことがマイスター達にとっては一番の屈辱なのである

mhf_20180228_000819_693.jpg




















黄色と白のハーモニー

見た目は綺麗だが、現場は相当な高濃度ガスで充満している







そして何よりも・・・









見えない恐怖・・・


mhf_20180228_000938_583.jpg






















ガス噴煙の中に薄っすらとヴァシムのハサミが見え隠れしている

視界がほとんど聞かないため、ハンターの集中力が試される

mhf_20180228_001000_851.jpg

















とくにヴァシムが地中に潜った時が恐怖この上ない!!

ミノフスキー粒子が濃くて全くレーダーが効かないため、

五感を集中さえてハサミから回避しなければならない!!

mhf_20180228_000939_246.jpg























そんなマイスター達と熱い戦いをしている中、私も遠くの黄色い噴煙をバックにアート作品を作ってみた

今日、MHWから帰って来てくれたマイスター達に捧げる作品である


作品名 「フューチャー」


次の世代を担う若いマイスター達の明るい未来を表現してみた

mhf_20180228_003735_918.jpg























これから こやしを投げてみたいと思っている方、もしくはこやしに興味がある方へ

とにかく一度その手に持ってみることをお薦めする

そうすれば、今自分が何をすべきか・・・

きっと答えが見つかると思います

mhf_20180227_235533_637.jpg



それでは皆さん素敵なハンターライフを^^

ではノシ♪




関連記事

Comments 4

hii  

‪こやし玉の残数のくだりが‬
‪馬鹿過ぎて笑った。‬
‪馬鹿は馬鹿でも愛くるしい馬鹿。‬
‪ほっこりしまんた。‬

2018/03/01 (Thu) 01:59 | EDIT | REPLY |   

GRM  

”奴等”の作り出す煙幕はモンスターの影すら見えないほど濃いですよね。
極みでも投げてくるので気が抜けない・・・

2018/03/01 (Thu) 17:11 | EDIT | REPLY |   

tomotan17  

hiiさん~^^

おバカな事を真面目にやる
おバカな事を真剣に楽しむ
それが私たちのストロングスタイル

2018/03/01 (Thu) 22:17 | EDIT | REPLY |   

tomotan17  

GRMさん~^^

マイスター達にとってどんなモンスであろうが全く関係ないのです
ここにこやしがあるから投げる
それ以上でもそれ以下でもない...
モンスはただのオブジェに過ぎない

2018/03/01 (Thu) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply